卵管閉塞の手術の費用についてお話をします。 卵管閉塞の手術として、主に行われている卵管鏡下卵管形成術(FT)は健康保険が適用になります。 卵管鏡下卵管形成術の保険診療点数は、平成24年診療報酬点数表によると、46410点です。 保険診療点数は、この処置をするとこの点数と決まっている医療行為の価格です。 この点数は、1点が10円となりますので、464100円ということになります。 健康保険に加入している人の場合、実際に病院やクリニックに支払う金額、いわゆる自己負担額は、この価格の3割です。 つまり、139230円ということになります。 他にも細かい処置の点数が加算されたり、投薬されれば薬代などもかかってきますので、約14万円〜15万円程度と考えてください。 健康保険適用の処置の場合は、高額医療制度が使えますので、8万円を超えた分は申請をすれば返還されます。 健康保険が適用されない自由診療の治療の場合は、高額医療制度は使えません。 ちなみに、腹腔鏡下卵管形成術の場合の診療報酬点数は、42120点です。